新車値引きの三大要素プラス1

新車を購入するときの最大の関心事はその価格ではないでしょうか?

このサイトではディーラーで働いた経験のある元営業マンが新車の値引き交渉の有利な進め方を指南します。

他では聞けない内部情報なども含めて伝授しますので、皆さんが新車を購入する際にお役立てください。

車両本体価格からの値引き

ディーラーで新車を購入するにあたって値引き交渉は当たり前になっています。

一時、値引きを廃し「一物一価」としての販売を試みられたことがありましたが、結局うまくいかず値引き交渉の進め方の巧拙で取得価格に大きな違いが出る状況が続いています。

新車の値引き交渉で最初に遡上にあがるのが「車両本体価格」です。メーカー希望小売価格が示されているので値引き額がはっきりするのが特徴です。

但し、値引き額が大きいからと言って即決なんてしてはいけません。

300万円の物を30万円引きで購入できれば得した気になりますが、そもそも「300万円」という値が高すぎるのかもしれません。

車両本体価格はライバル車などと比較しやすいためディーラーとしてもそこでの競争はソコソコにして他の条件で勝負してくることが多いようです。

車両本体価格からの値引き交渉は最初のとっかかり程度に捕らえて他の要素も含めた交渉を進めましょう。

新車購入に付随するオプション

新車を購入すれば少なくともフロアマットなどのオプションを購入することになります。

フロアマット以外にもナビやオーディオ、アルミホイールなど値の張るオプションも多数あります。これらのオプションも含めて値引きの交渉を進めましょう。

オプションには「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」があります。

メーカーオプションに関しては決まった価格でメーカーからディーラーに卸されますので値引きの余地は少なく、場合によっては定価のままなんて場合もあるようです。

対してディーラーオプションはディーラーが独自に仕入れをし、車両に取り付けますので値引きの余地も大きく、ディーラーからしてみれば販売のための大きな武器でもあります。

オプション品は「どうしても」という場合の除いて出来るだけディーラーオプションを選んだ方が新車の購入総額を安く抑えられます。

下取り価格は値引き額同様に重要

車を買い替える場合は今乗っている車を売って新しい車の費用に充てる場合が多いでしょう。

そこで頭に入れておきたいのが「下取り価格はどこでも同じではない」という事です。

新車の価格は希望小売価格が決まっていますし、しっかり交渉を進めれば「高く買わされる」リスクは殆どありませんが、下取り価格は相場が分かりづらいため「安く買い叩かれる」リスクが大いにあります。

折角上手に交渉を進めて車両本体やオプションで大きな値引きを受けても、下取りで買い叩かれていたのでは意味がありません。

ディーラーで交渉を進めながら同時に買取専門店などへも出向き、下取りや買取の相場をある程度頭に入れて交渉を進めましょう。

新車の値引きに関連する他の要素

上述したものが「新車値引きの三大要素」と言えますが、他にもローンの金利や納車費用、車庫証明の取得費用など細かい点にも気を配る必要があります。

特にローンの金利は非常に大きな要素です。仮に300万円を5年返済でローンを組んだとすると金利が1%違えば支払い総額は7~8万円違ってきます。

もしディーラーで組むローンの金利が高いようなら銀行のオートローンを検討するなど、少しでも金利の低いローンを利用すると良いでしょう。